ハトメ交換をする靴修理

皆さんは靴が古くなったら次々と買い替えていきますか。それとも修理をしてでも、大切に長く同じ靴を使うでしょうか。いろいろな方がいると思いますが、お気に入りの靴や高価な靴は大切に長く使いたいものです。大切に長く使いたくても、靴のハトメなどはすぐに破損することがあります。ハトメは壊れても交換することができるので、ハトメの交換について解説していきます。

ハトメとは?

靴のハトメとは靴紐を通す穴についている金具のことです。ハトメがない靴もありますが、多くの靴に採用されています。金具と言いましたが、金属やプラスチック製の物までいろいろな種類があります。別名では「アイレット」とも呼ばれることもありますが、一般的にはハトメと呼ばれています。

普段靴のことを気にしていない方の中には「そんなもの付いていただろうか?」と思われる方もいるでしょう。しかし改めて確認してみると結構多くの靴に取り付けられています。また、表から見えるタイプのハトメと、裏側に取り付けて表から見えないタイプのハトメもあるので気づきづらいかもしれません。地味かもしれませんが、大切な靴のデザインのポイントでもあります。形も色もいろいろなデザインのものがあるので、少し気にして見てみると結構面白いかもしれません。

またハトメは靴に限らず多くの製品に使われています。バックや衣服などでもよく目にしますし、他にテントやブルーシートなどでも巨大な物が取り付けられているのを確認できると思います。

ハトメの必要性

靴ひもハトメは靴に限らずいろいろな製品に使われています。ハトメの役割とは何なのでしょうか。ハトメは生地の負担を減らして守る役割があります。靴紐は特にいい例です。靴紐の穴は靴紐で擦れますし負担もかかる部分ですので、補強していないとすぐに傷んでしまいます。運動靴などは頑丈な作りができますが、ファッション性を優先する製品ではなかなかそうはいきません。特に革製品は補強をしていないと痛みが強く、負担が大きくなればそこから裂けてくることもあります。靴に限らず負担のかかる穴にはハトメで補強するのが望まれます。

ですので、ハトメが壊れたり取れてしまった時は、早めの修理が大切です。ハトメが取れても靴の素材自体にダメージがなければ比較的簡単に修理は可能です。しかし放置しておいて、靴の素材にまでダメージを負ってしまうと修理も大変になり、最悪再生不可能にまでなる可能性があります。また、ハトメはファッション性関わるポイントです。ハトメを取り付けるだけでガラリと印象も変わります。ハトメの付いていない靴にも新しく付けることは可能ですので、ドレスアップのようにすることもできます。

ハトメを自分で修理。ハトメパンチを使う

ハトメはそれほど難しくない作業で取り付けることができるので、お店に持っていかないで、自分で修理することもできます。作業費がかからないので、安く修理することができます。ただし、自分でやるにしても専用の工具が必要になりますので、工具の購入代金はかかります。ハトメの交換には新しいハトメと、ハトメパンチが必要です。ハトメパンチがなくても、ハトメの打ち台、打ち棒、金槌があればできます。靴修理をする時はハトメパンチが使いやすいのでおすすめです。

まずは、壊れたハトメもしくは交換したいハトメを取り外します。ハトメの裏側をペンチやラジオペンチで捲れば取り外すことができます。そしてハトメを穴に入れて座金のあるタイプなら裏側に座金を取り付けます。そのままハトメパンチで挟んで、力いっぱい握りつぶします。手をはなしてハトメがしっかり取り付いていたら完成です。自分でやる時の注意点は、穴とジャストサイズのハトメを取り付けることです。穴と内径が同じハトメにしてください。小さすぎると補強能力を十分に発揮できないばかりか、取れてしまうこともあります。

ハトメを自分で修理。打ち棒を使う

靴のハトメの交換や修理は、ハトメパンチを使った方法がやりやすくて簡単なのですが、打ち台と打ち棒を使ってもハトメを取り付けることもできます。やり方はまず、ハトメパンチを使ったやり方と同様に、壊れたハトメもしくは交換したいハトメを取り外してください。そして新しいハトメを取り付けたい穴に入れ、打ち台の上にセットします。座金のあるタイプは座金を上から取り付けてください。そして上から打ち棒で押さえつけ、打ち棒を上から金槌で真っ直ぐ直角に打ち付けます。ハトメが綺麗に取り付いていた完成です。

打ち台と打ち棒を使ってのハトメの取り付けは、一枚の布や革なら簡単なのですが、靴の様に形の出来上がった物はセットするのが難しいのでやりづらくなってしまいます。もしうまくいかなければ、ペンチやラジオペンチを使って取り外すことができますので、やり直してください。もし難しければ、お店に修理を依頼するか、ハトメパンチを使って作業するしかありません。またポンチという穴を開ける道具を使えば、新しく穴を開けることもできますし、穴を広げることも可能です。

ハトメをお店で修理する

インソール交換写真
画像出典 {靴修理業者<靴専科>}

ハトメの修理方法を解説しましたが、もちろん靴修理のお店でも修理することができます。ハトメが壊れて交換するだけなら簡単な修理で済みますので、費用もそれほどかかりません。1箇所でおよそ500円前後で修理できるでしょう。修理にかかる期間はお店によって違いますが、忙しくなければすぐにやってくれる所もあります。ハトメ交換の道具をなにも持っていない方なら、一箇所くらいの修理ならお店に持っていった方が、かえって安上がりかもしれません。ハトメの破損はそれほど多い故障ではありません。他にも革製品の加工などをする人ならともかく、靴修理のためだけにハトメパンチなどを購入しても、ほとんど使うことはないでしょう。そしていざ、再び使う場面が来た時になったら、道具をどこに保管したかわからなくなり、結局また購入する、というのはありがちなパターンです。

もっともハトメ交換の道具やポンチなどを持っていれば、カバンや財布などに穴を開ける加工などもできるので、他の用途で使うことももちろんできます。自分で修理するか、お店で修理するかはいろいろ考えて選びましょう。

靴のハトメ修理のまとめ

靴についているハトメは、靴を靴紐の負担から守ってくれる重要なアイテムです。壊れたまま放置しておいたら靴の生地そのものまで傷めてしまう原因になるので、早めの修理をおすすめします。また見た目にも関わってきますので、壊れたまま放置するのはやはり良くないでしょう。

自分で修理することも可能ですが、道具を持っていない方はお店で修理した方が安く上がりの場合もあります。

Pocket